日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒豪と語る宅麻伸さん 一緒に飲んで立てなくなった2人とは

 弘兼憲史原作の漫画「課長島耕作」のドラマ化(フジテレビ系)で主人公を演じて話題になる一方、2時間ドラマ「法医学教室の事件ファイル」シリーズ(テレビ朝日系)は23年間続くなど、数々のドラマで活躍中の宅麻伸さん(59)。今年は実年齢に近い仲間たちと昼ドラ「プラチナエイジ」(東海テレビ、フジ系)に挑戦、渋い魅力を存分に発揮した。飲む時もダンディーにキメているのかと思ったら……。

 19歳11カ月で岡山から上京。天知茂さん(故人)の事務所を紹介され、その後に「松浦竹夫演劇研究所」というところに通い始め、稽古後に同期の仲間と飲みにいったのが、酒に親しみ始めたきっかけでした。

 1978年に芦田伸介主演「新・七人の刑事」(TBS系)のオーディションに合格してデビュー。裏番組は何と、あの「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)ってお化け番組でね。その「太陽─―」にゴリさん役で出演していた竜雷太さんが六本木でやっていた飲み屋さんがあり、そのお店が好きで、毎晩のようにひとりで飲みにいってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事