前田耕陽 「男闘呼組」時代はジャニーズ対抗野球前日も午前様

公開日: 更新日:

 80年代半ばに一世を風靡したアイドルグループ「男闘呼組」の元リーダー。解散後もミュージシャン、俳優、タレントとして活躍中の前田耕陽さん(46)は、同世代のタレントの中でも屈指の酒豪である。

 僕はどれだけ飲んでもめったに二日酔いしないタイプなんです。多分、ルーツが鹿児島県薩摩川内市で、父も祖父も晩酌を欠かさない焼酎好きだったから、そのDNAを見事に受け継いでるんでしょうね。

「男闘呼組」でデビューした当時は、まだ高校生でした。だから、当然お酒はご法度でしたが、20歳を過ぎて解禁になると毎晩、ハシゴ酒。3軒、4軒と何軒も立ち寄るから量なんてわからなかったけど、ボトルで1本、2本は当たり前に飲んでたなあ。

 徹夜で飲んで、そのまんま仕事の現場に行くなんてしょっちゅうでした。22歳か23歳ぐらいだったと思うけど、テレビの特番で僕たち「男闘呼組」も含めたジャニーズ事務所所属アイドルの対抗野球大会が、甲子園球場で行われた時もそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る