• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前田耕陽 「男闘呼組」時代はジャニーズ対抗野球前日も午前様

 80年代半ばに一世を風靡したアイドルグループ「男闘呼組」の元リーダー。解散後もミュージシャン、俳優、タレントとして活躍中の前田耕陽さん(46)は、同世代のタレントの中でも屈指の酒豪である。

 僕はどれだけ飲んでもめったに二日酔いしないタイプなんです。多分、ルーツが鹿児島県薩摩川内市で、父も祖父も晩酌を欠かさない焼酎好きだったから、そのDNAを見事に受け継いでるんでしょうね。

「男闘呼組」でデビューした当時は、まだ高校生でした。だから、当然お酒はご法度でしたが、20歳を過ぎて解禁になると毎晩、ハシゴ酒。3軒、4軒と何軒も立ち寄るから量なんてわからなかったけど、ボトルで1本、2本は当たり前に飲んでたなあ。

 徹夜で飲んで、そのまんま仕事の現場に行くなんてしょっちゅうでした。22歳か23歳ぐらいだったと思うけど、テレビの特番で僕たち「男闘呼組」も含めたジャニーズ事務所所属アイドルの対抗野球大会が、甲子園球場で行われた時もそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る