前田耕陽 「男闘呼組」時代はジャニーズ対抗野球前日も午前様

公開日: 更新日:

 80年代半ばに一世を風靡したアイドルグループ「男闘呼組」の元リーダー。解散後もミュージシャン、俳優、タレントとして活躍中の前田耕陽さん(46)は、同世代のタレントの中でも屈指の酒豪である。

 僕はどれだけ飲んでもめったに二日酔いしないタイプなんです。多分、ルーツが鹿児島県薩摩川内市で、父も祖父も晩酌を欠かさない焼酎好きだったから、そのDNAを見事に受け継いでるんでしょうね。

「男闘呼組」でデビューした当時は、まだ高校生でした。だから、当然お酒はご法度でしたが、20歳を過ぎて解禁になると毎晩、ハシゴ酒。3軒、4軒と何軒も立ち寄るから量なんてわからなかったけど、ボトルで1本、2本は当たり前に飲んでたなあ。

 徹夜で飲んで、そのまんま仕事の現場に行くなんてしょっちゅうでした。22歳か23歳ぐらいだったと思うけど、テレビの特番で僕たち「男闘呼組」も含めたジャニーズ事務所所属アイドルの対抗野球大会が、甲子園球場で行われた時もそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る