大槻ひびきがNo.1セクシー女優に「皆が育ててくれた」

公開日: 更新日:

「ユーザーによるWEB投票」と「会場来場者による投票」により、真のナンバーワン・セクシー女優を決めるイベント「DMM・R18アダルトアワード」が4日、豊洲PITで開催された。今年で3回目になる大会に来場したのは1500人。

 葵つかさ、天使もえ、市川まさみ、伊東ちなみ、輝月あんりらがノミネートされる中、栄えある最優秀女優賞に輝いたのは大槻ひびきだった。

 初のノミネートながら初受賞となった大槻は感極まった表情で「私、今まで、08年からやってきて、AVの表彰式で1番になったことは一度もありませんでした。何度も挫折し、辞めようと思ったことも正直あります。でも、“辞めないで”って助けてくれたのはファンのみなさんです。私を育ててくれたのはファンのみなさんです」と涙ながらにコメントした。

 ほかに優秀女優賞はAIKA、最優秀新人賞は三上悠亜が受賞した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る