日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妄想から実践まで…ケンコバの強みは「スケベ芸」の守備範囲

 趣味が高じた「スケベ芸」で仕事を増やしている芸人といえばケンドーコバヤシ(42)。「年間200本は見ている」と豪語するAV愛好者だが、今度はアダルトビデオの祭典「AV OPEN2015」のメーンサポーターに就任した。

 8日の記者発表会では3週間前の中国ロケに行った際、お世話になったという風俗店でのエピソードを披露。「インディーズ的な店で夜遊びしたら、いまだに37度台前半の熱が引かない。致命的なウイルスが体内に入ってるのではないか……」と、心配そうな表情を浮かべる場面もあったが、写真撮影では一転。AV女優の(写真左から)佐倉絆(26)、天使もえ(20)、松岡ちな(21)に囲まれると精気を取り戻し、鼻の下を伸ばしまくっていた。

 ケンコバの強みは、妄想から実践まで下ネタ全般何でもアリの守備範囲の広さ。13年10月からは関西ローカルで深夜に放送しているお色気バラエティー「ケンコバのバコバコテレビ」がスタート。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事