• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妄想から実践まで…ケンコバの強みは「スケベ芸」の守備範囲

 趣味が高じた「スケベ芸」で仕事を増やしている芸人といえばケンドーコバヤシ(42)。「年間200本は見ている」と豪語するAV愛好者だが、今度はアダルトビデオの祭典「AV OPEN2015」のメーンサポーターに就任した。

 8日の記者発表会では3週間前の中国ロケに行った際、お世話になったという風俗店でのエピソードを披露。「インディーズ的な店で夜遊びしたら、いまだに37度台前半の熱が引かない。致命的なウイルスが体内に入ってるのではないか……」と、心配そうな表情を浮かべる場面もあったが、写真撮影では一転。AV女優の(写真左から)佐倉絆(26)、天使もえ(20)、松岡ちな(21)に囲まれると精気を取り戻し、鼻の下を伸ばしまくっていた。

 ケンコバの強みは、妄想から実践まで下ネタ全般何でもアリの守備範囲の広さ。13年10月からは関西ローカルで深夜に放送しているお色気バラエティー「ケンコバのバコバコテレビ」がスタート。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る