妄想から実践まで…ケンコバの強みは「スケベ芸」の守備範囲

公開日:  更新日:

 趣味が高じた「スケベ芸」で仕事を増やしている芸人といえばケンドーコバヤシ(42)。「年間200本は見ている」と豪語するAV愛好者だが、今度はアダルトビデオの祭典「AV OPEN2015」のメーンサポーターに就任した。

 8日の記者発表会では3週間前の中国ロケに行った際、お世話になったという風俗店でのエピソードを披露。「インディーズ的な店で夜遊びしたら、いまだに37度台前半の熱が引かない。致命的なウイルスが体内に入ってるのではないか……」と、心配そうな表情を浮かべる場面もあったが、写真撮影では一転。AV女優の(写真左から)佐倉絆(26)、天使もえ(20)、松岡ちな(21)に囲まれると精気を取り戻し、鼻の下を伸ばしまくっていた。

 ケンコバの強みは、妄想から実践まで下ネタ全般何でもアリの守備範囲の広さ。13年10月からは関西ローカルで深夜に放送しているお色気バラエティー「ケンコバのバコバコテレビ」がスタート。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る