AV嬢自粛&お見合いも…明石家さんまを狙うハニートラップ

公開日:  更新日:

 年末年始の特番に出ずっぱりで、若手芸人を寄せ付けない存在感に“お笑い怪獣”健在を見せつけた明石家さんま。しかし、今年7月に還暦を迎えるとあって、最近のトーク番組では本気ともネタともとれる自虐的な話題を自ら振りまくっている。その代表ネタが、芸の衰えと再婚。どうやら老後について考え始めている節があるのだ。

 芸についてはかねて「年を取るとコンマ何秒の世界で反射神経が遅れる」と語り、「60歳で引退」を公言していたが、最近それを撤回。それでも、「最近は衰えを感じるようになったから後輩たちに後を任せたい」とも語るなど、“引き際”をネタにし続けている。

 再婚話も定番ネタ。特に最近は、「結婚生活をうまくやるには上っ面で付き合えばいいことがわかった。今なら結婚生活を持続させる自信がある」というネタがお気に入り。「相手がいれば結婚したい」と、妙に真剣に話したりする。そのうえ、年明け早々には知人の紹介で見合いをすることも明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る