AV嬢自粛&お見合いも…明石家さんまを狙うハニートラップ

公開日:  更新日:

 年末年始の特番に出ずっぱりで、若手芸人を寄せ付けない存在感に“お笑い怪獣”健在を見せつけた明石家さんま。しかし、今年7月に還暦を迎えるとあって、最近のトーク番組では本気ともネタともとれる自虐的な話題を自ら振りまくっている。その代表ネタが、芸の衰えと再婚。どうやら老後について考え始めている節があるのだ。

 芸についてはかねて「年を取るとコンマ何秒の世界で反射神経が遅れる」と語り、「60歳で引退」を公言していたが、最近それを撤回。それでも、「最近は衰えを感じるようになったから後輩たちに後を任せたい」とも語るなど、“引き際”をネタにし続けている。

 再婚話も定番ネタ。特に最近は、「結婚生活をうまくやるには上っ面で付き合えばいいことがわかった。今なら結婚生活を持続させる自信がある」というネタがお気に入り。「相手がいれば結婚したい」と、妙に真剣に話したりする。そのうえ、年明け早々には知人の紹介で見合いをすることも明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る