日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ハーモニカ奏者の山下伶 メジャーデビュー記念のビキニ姿

 1つの穴で4つの音階を出すことができるクロマチックハーモニカ。聴いてみると他のハーモニカとは違って、柔らかくて深みのある音質に超~癒やされます。一度聴いたら、とりこになりそう。

 桐朋学園芸術短大でフルートを学んだ後、その音に魅せられ、奏者になったのが山下伶。先月、“クロマチックハーモニカ奏者”になって初のアルバム「Beautiful Breath」をリリース、メジャーデビューした。

 先生は日本における先駆者、徳永延生氏。山下は14年にコンペティションで総合グランプリを獲得、今や第一人者だ。

「クロマチックハーモニカは全部のキーを出せて、これ一本でどんな音楽にも対応できる、深みのある楽器。これからもっと日本での知名度をアップさせたい!」

 アルバムのジャケットはグアムで撮影され、中にはご覧の“お宝ショット”も。まさに才色兼備でセクシーな奏者! 8月はライブが各地で行われます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事