幹部社員の悪質セクハラを放置するフジの“おごり体質”

公開日:

 これはれっきとした犯罪だ。フジテレビの制作局第二制作センター室長のA氏が今年7月、レコード会社の女性2人に対しセクハラをしていたと、発売中の週刊文春が報じている。レコード会社がフジに対し抗議していたようで、両社とも事実を認めている。

 事件が起きたのは音楽番組「FNSうたの夏まつり」の打ち上げの場。フジテレビやレコード会社など関係者30~40人が参加する中、A氏はレコード会社の女性の胸を触ったり、別のレコード会社の女性の性器をしつこく触ったという。A氏はバラエティー部門のトップという要職で、相手がレコード会社という“弱い立場”に付け込んだトンデモナイ話だ。

「最初、フジテレビは“隠蔽”しようとしていたのですが、レコード会社側が認めたため、フジも認めざるをえなかった。中身としては、“公然わいせつ”や“強制わいせつ”と同じような話です。事件化してもおかしくありません。こうした場合、フジの社員であるA氏は一般人なので、イニシャルで報じることがほとんどですが、文春は悪質性を考えて、実名報道に踏み切ったのではないでしょうか」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る