日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

幹部社員の悪質セクハラを放置するフジの“おごり体質”

 これはれっきとした犯罪だ。フジテレビの制作局第二制作センター室長のA氏が今年7月、レコード会社の女性2人に対しセクハラをしていたと、発売中の週刊文春が報じている。レコード会社がフジに対し抗議していたようで、両社とも事実を認めている。

 事件が起きたのは音楽番組「FNSうたの夏まつり」の打ち上げの場。フジテレビやレコード会社など関係者30~40人が参加する中、A氏はレコード会社の女性の胸を触ったり、別のレコード会社の女性の性器をしつこく触ったという。A氏はバラエティー部門のトップという要職で、相手がレコード会社という“弱い立場”に付け込んだトンデモナイ話だ。

「最初、フジテレビは“隠蔽”しようとしていたのですが、レコード会社側が認めたため、フジも認めざるをえなかった。中身としては、“公然わいせつ”や“強制わいせつ”と同じような話です。事件化してもおかしくありません。こうした場合、フジの社員であるA氏は一般人なので、イニシャルで報じることがほとんどですが、文春は悪質性を考えて、実名報道に踏み切ったのではないでしょうか」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事