売名行為か…桂文枝と20年不倫・紫艶“AVデビュー”の衝撃

公開日:  更新日:

 豊満なバストを強調したランジェリー姿で、男を挑発するような視線を送る。桂文枝(73)との20年不倫で騒がれ、ことし2月の写真週刊誌「フライデー」を皮切りにテレビなどに出演していた元演歌歌手の紫艶(38)である。

 ふと気が付けばマスコミから姿を消し、芸能界は事実上の引退とみられていたが、来月“AVデビュー”というのである。

 写真は、AVメーカー「KMP」HPの新作情報欄トップに「紫艶」のタイトルでアップされ、「今シーズン一押し」と紹介されているジャケット。同社に問い合わせると、「サイトがパンクするかというほど、注目を集めています」と広報担当者がこう言った。

「紫艶さんがAV出演に至った詳しい経緯やギャラはお話しできませんが、7月中旬に行われた撮影では、緊張されながらも、楽しんでいましたよ。AV男優との絡みでは、とても感度が良いといいますか、かなり開発されていて、イキやすい印象がありました。インタビューも収録したのですが、文枝さんとの不倫について、なれ初めからベッドでの秘め事まで、週刊誌などに出ていないところが多々あって、『へぇ、そうだったんだ』という感想を持ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る