中村芝翫の襲名披露興行 不倫スキャンダルで“満席”の皮肉

公開日:  更新日:

 歌舞伎俳優の中村橋之助改め8代目中村芝翫(51)と、その3人の息子の襲名披露興行「芸術祭十月大歌舞伎」が2日、東京・歌舞伎座で初日を迎えた。

 橋之助といえば先月の「週刊文春」で京都・先斗町の30代芸妓との不倫を報じられ、14日に謝罪会見。その2日後には妻で女優の三田寛子(50)が報道陣に対応した姿がテレビのワイドショーなどで大きく取り上げられた。

「実は襲名披露興行のチケットの売れ行きは芳しくなかった。ところが、直前のスキャンダルに加えて三田が報道陣に対応した際に襲名をPRした甲斐もあってかチケットが売れ、初日公演は昼の部・夜の部ともに満席でした。三田の対応がマズければ世間の反感も買ってしまい、興行への影響も避けられなかったはずです(演劇担当記者)

 三田の内助が成駒屋を救った形だが、口上では尾上菊五郎が「新芝翫さん、今までのようにキョロキョロとしているわけにはいきません」と不倫ネタをいじる一幕も。先斗町の芸妓と不倫がバレて大目玉を食った芝翫だが、この日の桟敷席には新橋の芸者衆がズラリと並んで「総見」。芝翫にとっては“針のむしろ”だったかもしれない。

 妻の三田は歌舞伎座のロビーや楽屋で贔屓筋や関係者にかいがいしく対応し、ますます評判がアップ。新芝翫は手痛いスキャンダルが結果的に“芸と家庭の肥やし”になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る