• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジム通いでお尻に自信 天木じゅんの「ボン・キュッ・ボン」

 身長148センチと小柄で童顔なのにIカップという、“究極のアンバランス2次元ボディー”で注目の天木じゅん(22)が1年半ぶりに写真集「Jun_limited」(講談社)を発売。

 初のハワイロケで“エロく、明るく、美しく”仕上がったエロすぎるポーズの数々は生ツバもの。ビキニからはみ出る爆乳だけでも気になるのに、ランジェリー姿あり、ヌードあり、まるで彼女とベッドにいるような気分になる作品だ。

「ずっとヤンマガ(「ヤングマガジン」)から写真集を出すのが夢だったので、うれしくて何でもチャレンジしてみました。テーマをガチガチに決めずに撮ってみたのが自然で良かったのかなって思っています。今回のためにジムに通ってお尻を大きくしたんです。今までは胸の割にお尻が貧弱で……。それがトレーニングでヒップが84センチから93センチにアップして、ボン・キュッ・ボンになりました! 胸は遺伝なので母の方が大きいくらいなんですけど、お尻と胸、2つ武器ができたおかげで魅せるポーズも増えて楽しいです」

 お気に入りのポーズはあるのだろうか。

「ショーツ脱ぎかけポーズかな。大島優子さんの写真集を見てカワイイって思って、今度私もやってみたいなって。お尻のおかげで脱ぎかけポーズも自信をもって見せられました。撮影中はランジェリーが私の好きなものばかりでテンションが上がりましたね。中でも胸にスワンの刺しゅうがついたレーシーなブラと星柄のデザインのブラがお気に入りです。星柄のほうは私服で同じものを持っていて、私服の下着を見られた感じで恥ずかしかったです(笑い)」

 現在はグラビアからバラエティー、ドラマと活動の幅を広げている。

「アイドルだと常に完璧な笑顔でファンの方に応えたいっていう思いが強くなります。グラビアだと自分も知らなかった素の笑顔とか、毎回いろんな自分に出会えるのが楽しいですね。どちらも自分なので好きですけど、今はグラビアで“大人になった天木じゅん”をぜひ見て欲しいです」

▽1995年、兵庫県生まれ。身長148センチ、バスト95センチ、ウエスト59センチ。13年から芸能活動を開始。15年にアイドルを卒業し、グラビアと女優活動に専念。4月放映予定のドラマ「声ガール!」(朝日放送系)に出演予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る