元SKE手束真知子 11年ぶりDVDに「ヌードまでやった私が」

公開日:

「ミスマガジン2004」でミスヤングマガジン賞を受賞し、原田桜怜の名でグラドルとして活動。その後、アイドルグループ・SKE48やSDN48で活躍した手束真知子(32)が、約11年ぶりとなるDVD「軌道修正~ノーギャラ~」(グラッソ)をリリース。その発売記念イベントが先日、秋葉原・ソフマップAKIBA4号店アミューズメント館で行われた。

「SDNを卒業してからグラビアのDVDではなくヌード写真集を出したんです。ヌードまでやった私が普通のDVDを出せるわけがないと思っていたので、まさか11年ぶりに出すことができて、驚きとうれしさと長年やってきて良かったという気持ちです」

 サブタイトルにノーギャラとあるのだが、どういう意味か。

「これまで際どいDVDを出しちゃった子とかは、その後はもっと激しくなるのが当たり前の業界。それをなんとかしたくて、私がノーギャラで軌道修正できますよという仕組みを作りたかったんです。ゆくゆくは『軌道修正~ノーギャラ~』シリーズができればいいなと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る