本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

一流女優やモデルが「パワースポーツ」に次々出演した理由

公開日: 更新日:

「江副浩正の弁護団費用と私どもダイヤモンド映像およびパワースポーツの制作費は、青天井なんですっ!」

 野田義治がバブル期を通してともに仕事をしてきた村西とおる監督が豪語した。

 ときは1989年。日本列島をカネまみれにさせた、後にバブル経済と称された時代である。

 目黒区青葉台にあったダイヤモンド映像・パワースポーツ本社はバブル期によく見られた瀟洒な白亜ビルだった。

 ここの主、村西とおる監督は横浜国大生黒木香主演「SMぽいの好き」をはじめ、過激な本番路線で人気を集め、88年にクリスタル映像から独立してダイヤモンド映像・パワースポーツを創業した。当初の売り上げは芳しくなかったが、巨乳の短大生が松坂季実子の名で主演した「でっかーいのめっけ」が爆発的大ヒットになり息を吹き返した。以後、専属女優制を敷き、ミスコン出身・卑弥呼、アイドルから転身した桜樹ルイ、くすぶっていた女優を田中露央沙の新芸名で再デビューさせて売れっ子に、といった派手やかなプロデュースで膨大な売り上げに達する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る