本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

短大生の“かとうれいこ”を見て直感…「この子は売れる!」

公開日: 更新日:

 雑誌好きの野田義治は、いつものように何げなく雑誌を読んでいた。

「ほとんどどんな雑誌でもとりあえず目は通してますよね。それこそ普通の堅い雑誌からドエロの本まで。エロい本ほど可愛い子が出てるんですよ。素人さんが撮った写真をポンと載っけてるんです」

 白夜書房から出ている「写真時代ジュニア」のグラビアに目が留まった。

 街で見かけた可愛い子、といったページで、星野裕子という女子短大生がほほ笑んでいた。

 カメラマンは会田我路。野田は彼と知り合いだったからすぐに連絡をとり、短大生と接触した。

「そのときの写真っていうのは、水着の写真でもなんでもないんですよ。洋服着てプールサイドで横たわっている、たまたま胸の谷間が見える写真だった。彼女、大学に行っていて20か21。だからそんなに簡単には折れなかったですけどね。本人は歌手志望でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る