詐欺被害者は置き去り…宮迫博之vs吉本興業は“痴話げんか”

公開日: 更新日:

 一番泣きたいのは被害者の方だろう。

「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の涙の会見に続き、今度は吉本興業の岡本昭彦社長(52)まで涙の会見。別れる、別れないで揉める痴話げんかみたいな展開になっているが、ちょっと待ってほしい。

 そもそも、一番の問題は、宮迫らが振り込め詐欺グループの乱痴気パーティーに出席し、宮迫に至っては100万円ものギャラを受け取っていたという事実。それは振り込め詐欺の被害者のお金だ。被害者にすれば、「泣きたいのはこっち」「うだうだ内輪揉めしてるんじゃねえ」だ。

 百歩譲って、ギャラを受け取った時点で反社会的勢力とは知らなかったにせよ、フライデーからその事実を指摘されたにもかかわらず、宮迫は「すぐに返還したい」「被害者に対して償いをしたい」と申し出るどころか、保身のために嘘をついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る