TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

公開日: 更新日:

「公取委は2カ月ほど前から調査していて、事務所に“注意”を出したのはジャニー喜多川社長が亡くなる1週間ほど前のこと。注意は命令、警告よりは軽いものの、こういう事態が続くと独禁法違反になるという意味です」(マスコミ関係者)

 ジャニーズ事務所に公正取引委員会が踏み込んだ。元SMAPのメンバーで現在は別事務所に所属する稲垣吾郎(45)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)の3人に対して、ジャニーズ事務所がテレビ局に3人を起用しないよう要請。公取委は独禁法違反につながりかねない状況が確認できたとしてジャニーズを注意したと関係筋の話として報じられ大騒ぎになっている。

 これまでジャニーズを辞めたら干されるというのは業界では「定説」として語られてきた。それが公取委の調査で裏付けられたわけだ。ジャニーズ事務所は公式サイトで「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」と苦しい言い訳を発表したが、元SMAPの3人をテレビで「使うな」「出すな」と言外ににおわせていたことは事実のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る