本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

“巨乳マイスター”野田義治が語るもっとも理想的な巨乳とは

公開日: 更新日:

 巨乳マイスターが現在、もっとも理想の巨乳をあげるとしたら誰か。

「胸を入れてるわけでもなくナチュラルでいいなと思う子は、AV(女優)のJULIA。いい形してる」

 私もJULIAをインタビューしたときがあったが、細身のカラダに不釣り合いなほど実ったJカップは、服の上からでも存在感を発揮していた。退廃美がこれほど似合う女も、まれであろう。

「うちの子たちにも言ってるんです。あんまりデカいともうちょっとしたら垂れるかもしれないから、運動をしといてくれなって。胸筋とか胸を吊る筋肉が切れると絶対垂れてしまうから、ここだけは注意してくれって。あるいはカラダに合うブラをつけてくれって。いつも言ってるんです」

 多くの男たちを魅了してやまない巨乳も、維持するのが大変なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る