北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

遅咲きの超強力逸材 日向葵衣は“グラビアの申し子”的存在

公開日: 更新日:

日向葵衣(ひなた・あおい 27歳、神奈川県出身 T154・B90・W56・H90)

 キャッチフレーズは「癒やし系×わがままボディ」。高身長ではないので派手さはあまりないですが、抜群のボディーラインにGカップのちょうどいい巨乳感。さらに笑顔抜群のアイドルフェイス。声質や喋り方まで可愛さ満点です。

 昨年12月に発売、1月にイベントを行ったファーストDVDの取材時は、黄色い小さめビキニでハミ乳具合に目を奪われて、冷静に取材できなかったかも……。

 まさにファンを引きつける引力を持ったボディー&ビジュアル。さらに声質やトークに癒やされちゃう人、続出。昨年までフリーで活動して撮影会で大人気になったというのも納得です。見た目的には“癒やし系”というよりは“アイドル”な印象ですが、年齢的には癒やし系枠かも。

 そして今回の作品「Healing Flower」(アイドルワン)は、ナース設定です。骨折してやってきた患者さんに一目惚れして、癒やしながらも恋に発展? 白衣から赤いセクシーランジェリー展開。全身ヨーグルトパック。パッケージのかわいい衣装でオッパイアピール。お風呂掃除のハイレグレオタードではお尻アピールも。入浴シーンはお湯の熱さで次第に顔が赤くなっていくほどリアルです。酔っ払って浴衣をはだけたり。イチゴを食べるシーンが……だったりと、見どころ満載。

 分厚い台本のセリフもバリバリで、自己採点「120点満点の悔いのない作品」とのことです。

 ちなみにデビュー作の自己採点は50点というので、進歩具合を見比べたい気もします。まっ、とにかく、ちょっと遅咲きの強力逸材グラドル、これは要注目であります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  9. 9

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る