町の真ん中に火葬場<町屋>

公開日:  更新日:

 駅から離れた場所にも、ポツッ、ポツッと小さな飲み屋がある。駅近くに銭湯が3軒。しかも一軒は昼12時から営業。500~600円台のランチの店が多い。住みやすそうだな――。

 平日の昼下がり、おばあちゃんの占める率が高い。自転車のカゴや手押し車に食料品を詰めている人が結構いるところを見ると、自活している人が多いのだろう。電信柱に張ってあるゴミ出し日のポスターは、日本語、英語、中国語、韓国語と4カ国語の表記があった。やっぱり、住みやすそうだ。

 ある店先で、うまそうな白菜の漬物(100円)を見つけた。
「すみませ~ん」

 何度も呼んだら、奥から「は~い」と優しそうなおばあちゃん。
「どれくらいもちますか?」
「やっぱりおいしいのは買ったその日ね。毎日手作りしているのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る