町の真ん中に火葬場<町屋>

公開日:  更新日:

 駅から離れた場所にも、ポツッ、ポツッと小さな飲み屋がある。駅近くに銭湯が3軒。しかも一軒は昼12時から営業。500~600円台のランチの店が多い。住みやすそうだな――。

 平日の昼下がり、おばあちゃんの占める率が高い。自転車のカゴや手押し車に食料品を詰めている人が結構いるところを見ると、自活している人が多いのだろう。電信柱に張ってあるゴミ出し日のポスターは、日本語、英語、中国語、韓国語と4カ国語の表記があった。やっぱり、住みやすそうだ。

 ある店先で、うまそうな白菜の漬物(100円)を見つけた。
「すみませ~ん」

 何度も呼んだら、奥から「は~い」と優しそうなおばあちゃん。
「どれくらいもちますか?」
「やっぱりおいしいのは買ったその日ね。毎日手作りしているのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る