「猫町」に迷い込んで<東向島・京島3丁目>

公開日: 更新日:

 鳩の街通り商店街で途方に暮れた。「古い雰囲気が残っている」と知人から聞き、曳舟駅から歩いてきたのだが、結構新しいのだ。

 仕方ない。引き返すか。でも、せっかく来たのに……。交番で「古い町並み、ありませんか?」と聞いてみた。
「京島3丁目付近は?」

 明治通りをまっすぐ歩き、京島の交差点を右折、すぐの角を左折――と、たどり着く前に、ある店の前で足が止まった。家電、衣類、玩具、コーヒー、パイプなどさまざまな物が店内にめちゃくちゃに詰め込まれている。

「何か買わない?」と、すぐ出てきた店主は、この商売60年。扱う商品は「35坪の店だけじゃないよ。この500倍の倉庫があるの。車も75台卸している」と話しながら、店先の“商品然”としてあった冷蔵庫の冷凍庫から凍ったカニを取り出した。よく分からん……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る