• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猫町」に迷い込んで<東向島・京島3丁目>

 鳩の街通り商店街で途方に暮れた。「古い雰囲気が残っている」と知人から聞き、曳舟駅から歩いてきたのだが、結構新しいのだ。

 仕方ない。引き返すか。でも、せっかく来たのに……。交番で「古い町並み、ありませんか?」と聞いてみた。
「京島3丁目付近は?」

 明治通りをまっすぐ歩き、京島の交差点を右折、すぐの角を左折――と、たどり着く前に、ある店の前で足が止まった。家電、衣類、玩具、コーヒー、パイプなどさまざまな物が店内にめちゃくちゃに詰め込まれている。

「何か買わない?」と、すぐ出てきた店主は、この商売60年。扱う商品は「35坪の店だけじゃないよ。この500倍の倉庫があるの。車も75台卸している」と話しながら、店先の“商品然”としてあった冷蔵庫の冷凍庫から凍ったカニを取り出した。よく分からん……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る