どこか懐かしい街と人<京島3丁目>

公開日: 更新日:

 京島3丁目には、大正時代から昭和初期の長屋が現存している――。
 曳舟駅近くの交番で教えてもらったその場所を見た瞬間に「あぁ」と言葉が漏れた。

 私の実家がある辺りも、高齢の母が言うには「嫁いできた時から全く変わらない」。木造建築の家しかなく、細い抜け道があちこちにあって、そこを通ると、家の中での話し声やテレビの音が聞こえてくる。漂う香りから、そのお宅の夕飯の予想がつく。上京して15年、懐かしい記憶がよみがえった。

 部外者が入っちゃっていいのかな。見つかって怒られませんように。祈りながら、迷路のような抜け道に入っていく。あそこは行き止まりだろうと思っていたら、窓越しに目があったおばあさんが「そこ、曲がれるよ」と親切に教えてくれた。

 どれくらい歩いただろう。賑やかな商店街に出た。キラキラ橘商店街。戸越銀座や十条の商店街など、活気ある商店街にいろいろと行ったが、ここは何というのか、もっと地元に密着しているという感じ。チェーン店らしき店はひとつも見当たらないのだから、これはすごい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  7. 7

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  8. 8

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る