• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこか懐かしい街と人<京島3丁目>

 京島3丁目には、大正時代から昭和初期の長屋が現存している――。
 曳舟駅近くの交番で教えてもらったその場所を見た瞬間に「あぁ」と言葉が漏れた。

 私の実家がある辺りも、高齢の母が言うには「嫁いできた時から全く変わらない」。木造建築の家しかなく、細い抜け道があちこちにあって、そこを通ると、家の中での話し声やテレビの音が聞こえてくる。漂う香りから、そのお宅の夕飯の予想がつく。上京して15年、懐かしい記憶がよみがえった。

 部外者が入っちゃっていいのかな。見つかって怒られませんように。祈りながら、迷路のような抜け道に入っていく。あそこは行き止まりだろうと思っていたら、窓越しに目があったおばあさんが「そこ、曲がれるよ」と親切に教えてくれた。

 どれくらい歩いただろう。賑やかな商店街に出た。キラキラ橘商店街。戸越銀座や十条の商店街など、活気ある商店街にいろいろと行ったが、ここは何というのか、もっと地元に密着しているという感じ。チェーン店らしき店はひとつも見当たらないのだから、これはすごい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る