はかない感じが魅力<千駄木>

公開日:  更新日:

 駒込病院からの帰り道だった。不忍通りを千駄木駅まで向かっているとポツリポツリと明かりがともっている通りに心引かれた。ギラギラした繁華街だったら、強い明かりに紛れてしまうだろう、はかない感じ。

 すずらん通り。その名を記憶に刻んで、時間がある時にまた来ようと考えていた。
 11月の晴れた土曜日に訪れた。すずらん通りに向かう途中にあるよみせ通りは、前回のこの欄に書いた谷中銀座のような、ちょっとしたお祭りのような賑わいぶり。それはそれで楽しいのだが、すずらん通りは、はかない感じであってほしい。そんなことをこの日の連れと話しながら歩いていると、すずらん通りに入る横道を通り過ぎてしまった。
「一瞬だけ、古本屋に寄っていい?」と古本オタクの連れ。いいとも、いいとも。千駄木で古本屋、風情があるじゃないか。できるなら、「オシャレ系」古本屋でないことを祈るが、まあ、古本オタクに限ってそんな心配は必要ないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る