• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

はかない感じが魅力<千駄木>

 駒込病院からの帰り道だった。不忍通りを千駄木駅まで向かっているとポツリポツリと明かりがともっている通りに心引かれた。ギラギラした繁華街だったら、強い明かりに紛れてしまうだろう、はかない感じ。

 すずらん通り。その名を記憶に刻んで、時間がある時にまた来ようと考えていた。
 11月の晴れた土曜日に訪れた。すずらん通りに向かう途中にあるよみせ通りは、前回のこの欄に書いた谷中銀座のような、ちょっとしたお祭りのような賑わいぶり。それはそれで楽しいのだが、すずらん通りは、はかない感じであってほしい。そんなことをこの日の連れと話しながら歩いていると、すずらん通りに入る横道を通り過ぎてしまった。
「一瞬だけ、古本屋に寄っていい?」と古本オタクの連れ。いいとも、いいとも。千駄木で古本屋、風情があるじゃないか。できるなら、「オシャレ系」古本屋でないことを祈るが、まあ、古本オタクに限ってそんな心配は必要ないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る