ポエム上司でもいいじゃないか!

公開日: 更新日:

■嫌われ者の代名詞のようだが

 最近、日本社会全体が「ポエム化」していると盛んにいわれる。
 ここでいう「ポエム」とは、相田みつをの詩とはちょっと違って、「感動はここにある」「つながろう」「思いを伝えたい」などのようにフワフワと中途半端で、内容があるのかないのか分からない言葉のこと。

 情熱だけで動く自己陶酔型管理職は、早速「ポエム上司」だなんて揶揄(やゆ)されている。指示が不明確な雰囲気ワード続出の上司は、「ポエマー」と呼ばれ、最も嫌われるという。

 ところが、人材育成コンサルタントの内田和俊氏は、「会社組織では、ポエムは使いようですよ」とこう続ける。
「若手社員すべてが、フワフワしたポエム言葉に対する拒絶反応をもっているかというと、そうとは限りません。逆に、ポエムには社内の人間関係を円滑にする側面もあるのです。ポエムを使わないと動いてくれない若手もいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

もっと見る