ポエム上司でもいいじゃないか!

公開日:  更新日:

■嫌われ者の代名詞のようだが

 最近、日本社会全体が「ポエム化」していると盛んにいわれる。
 ここでいう「ポエム」とは、相田みつをの詩とはちょっと違って、「感動はここにある」「つながろう」「思いを伝えたい」などのようにフワフワと中途半端で、内容があるのかないのか分からない言葉のこと。

 情熱だけで動く自己陶酔型管理職は、早速「ポエム上司」だなんて揶揄(やゆ)されている。指示が不明確な雰囲気ワード続出の上司は、「ポエマー」と呼ばれ、最も嫌われるという。

 ところが、人材育成コンサルタントの内田和俊氏は、「会社組織では、ポエムは使いようですよ」とこう続ける。
「若手社員すべてが、フワフワしたポエム言葉に対する拒絶反応をもっているかというと、そうとは限りません。逆に、ポエムには社内の人間関係を円滑にする側面もあるのです。ポエムを使わないと動いてくれない若手もいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る