• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポエム上司でもいいじゃないか!

■嫌われ者の代名詞のようだが

 最近、日本社会全体が「ポエム化」していると盛んにいわれる。
 ここでいう「ポエム」とは、相田みつをの詩とはちょっと違って、「感動はここにある」「つながろう」「思いを伝えたい」などのようにフワフワと中途半端で、内容があるのかないのか分からない言葉のこと。

 情熱だけで動く自己陶酔型管理職は、早速「ポエム上司」だなんて揶揄(やゆ)されている。指示が不明確な雰囲気ワード続出の上司は、「ポエマー」と呼ばれ、最も嫌われるという。

 ところが、人材育成コンサルタントの内田和俊氏は、「会社組織では、ポエムは使いようですよ」とこう続ける。
「若手社員すべてが、フワフワしたポエム言葉に対する拒絶反応をもっているかというと、そうとは限りません。逆に、ポエムには社内の人間関係を円滑にする側面もあるのです。ポエムを使わないと動いてくれない若手もいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る