炎上→閉店→返金…セコさ極まる居酒屋のボッタクリ手口

公開日:  更新日:

 これじゃあ、閉店も当然の報いだが、最近は似たような悪徳居酒屋が増えている。

■大盛りモヤシで満腹にさせてから注文

 悪徳商法評論家の多田文明氏が言う。
「有名店の名をかたるニセの呼び込みがいるのです。彼らはグループ客に声を掛け、“席が空いてるか聞いてみます”と電話をかけるふりをし、“いま満席なので系列店にご案内します”と自分が契約している店に連れて行く。そうした店はお通しだけで1人800円と通常の2倍。中には客が逃げないよう、街頭で1人1000円前後の前金を取る呼び込みもいます」

「飲み放題、食べ放題」と言いながら、ビールの大ジョッキを飲み干さないとカクテルを注文させないとか、大盛りのモヤシで満腹にさせてから食事を注文させる店もある。

「鍋料理を頼んだところ、ガスボンベ代として1000円取られたとか、あとで計算したら飲んだ酒の数とレシートの数が違っていたなんてこともある。チョコ3つで2000円を取る店もある。知らずに注文した客が文句を言うと<うちのはゴディバだ>とか言うのです」(フリーライターの神村雪雄氏)

 こうした店に共通しているのはセコいボッタクリという点だ。何万円も取られればボッタクられていることに気づくが、こうやって1000円、2000円を上乗せされていると分かりにくい。新年会シーズン真っ盛り。レシートはしっかりチェックしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る