忘年会シーズンに多発…酔客狙う「カバン盗難」の防ぎ方

公開日: 更新日:

 そろそろ忘年会シーズン。気を付けたいのが飲食店などでの盗難だ。大阪市ではこの2年間に約80件のカバンの盗難が起き、被害総額は840万円に上るという。一瞬のうちに盗む手口もあり、今月8日には天王寺区の居酒屋で女性客が被害に遭っている。

「午前4時ごろ野球帽をかぶった男が店に入り、入り口近くにいた女性客がイスに置いていたバッグを手に取ると、体の向きを変えて店外に逃走。その間わずか3、4秒。女性も、一緒に飲んでいた2人もあっけにとられたそうです」(事情通)

 この時期、泥棒は手ぐすねひいて酔客を待ち構えている。どんな手口で狙うのか。「NPO法人日本防犯学校」学長の梅本正行氏に聞いた。

「多いのが客のふりをして店に入り、他人のカバンを持っていく手口です。グループ客はカバンを廊下などにまとめて置いているため、泥棒にとっては格好の餌食。犯人はスーツ&ネクタイ姿なので店の従業員も疑いません。<背広から手帳を出す>と店の人に断って、他人の上着から堂々と財布を抜き取る連中もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る