「消せるマッキ―」もヒット 業界トップ快走するゼブラの戦略

公開日: 更新日:

 ゼブラの「マッキー」は1976年の誕生以来、多くのファンに支持されるマーカーの定番だ。「ハイマッキー」「マッキー極細」を主力にファミリーを増やし、今なお成長が続く。昨年は「水拭きで消せるマッキー」を発売し大反響。新たな定番となるべく、好調な売れ行きを見せている。

 76年、それまで競合他社が独占する油性マーカー市場に参入を決めたのは、前年に発売した「蛍光ペン2」がきっかけ。業界初の太細両用が好評だったことからマーカーもイケると読んだ。安全性の高いアルコール系インクを採用し、太細がわかるようにテーパーをかけるなどデザインも工夫して差別化を実現。だが競合品はあまりに強く、販売はしばらく苦戦する。でもそこで諦めなかったから今がある。地道な営業活動はやがて実を結び、シェアを拡大。現在は抜群の認知度で業界トップを快走する。

 太細両用マーカーならではの利便性に加え、品揃えの充実も人気の理由だ。06年以降はインクのバリエーションも増え、より幅広いシーンに対応できるようになった。そして14年6月、「水拭きで消せるマッキー」の登場である。「間違ったところは消したい」「何度も書き直せたらもっと便利なのに」といった声を受け、「消える必要性がどこにあるかに着目。ニーズを探ってみると、収納ボックスのラベルや店頭のポップなど、実は用途が広いと判明した」(営業業務企画部の上野泰造氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る