「消せるマッキ―」もヒット 業界トップ快走するゼブラの戦略

公開日: 更新日:

 ゼブラの「マッキー」は1976年の誕生以来、多くのファンに支持されるマーカーの定番だ。「ハイマッキー」「マッキー極細」を主力にファミリーを増やし、今なお成長が続く。昨年は「水拭きで消せるマッキー」を発売し大反響。新たな定番となるべく、好調な売れ行きを見せている。

 76年、それまで競合他社が独占する油性マーカー市場に参入を決めたのは、前年に発売した「蛍光ペン2」がきっかけ。業界初の太細両用が好評だったことからマーカーもイケると読んだ。安全性の高いアルコール系インクを採用し、太細がわかるようにテーパーをかけるなどデザインも工夫して差別化を実現。だが競合品はあまりに強く、販売はしばらく苦戦する。でもそこで諦めなかったから今がある。地道な営業活動はやがて実を結び、シェアを拡大。現在は抜群の認知度で業界トップを快走する。

 太細両用マーカーならではの利便性に加え、品揃えの充実も人気の理由だ。06年以降はインクのバリエーションも増え、より幅広いシーンに対応できるようになった。そして14年6月、「水拭きで消せるマッキー」の登場である。「間違ったところは消したい」「何度も書き直せたらもっと便利なのに」といった声を受け、「消える必要性がどこにあるかに着目。ニーズを探ってみると、収納ボックスのラベルや店頭のポップなど、実は用途が広いと判明した」(営業業務企画部の上野泰造氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る