「消せるマッキ―」もヒット 業界トップ快走するゼブラの戦略

公開日:  更新日:

 ゼブラの「マッキー」は1976年の誕生以来、多くのファンに支持されるマーカーの定番だ。「ハイマッキー」「マッキー極細」を主力にファミリーを増やし、今なお成長が続く。昨年は「水拭きで消せるマッキー」を発売し大反響。新たな定番となるべく、好調な売れ行きを見せている。

 76年、それまで競合他社が独占する油性マーカー市場に参入を決めたのは、前年に発売した「蛍光ペン2」がきっかけ。業界初の太細両用が好評だったことからマーカーもイケると読んだ。安全性の高いアルコール系インクを採用し、太細がわかるようにテーパーをかけるなどデザインも工夫して差別化を実現。だが競合品はあまりに強く、販売はしばらく苦戦する。でもそこで諦めなかったから今がある。地道な営業活動はやがて実を結び、シェアを拡大。現在は抜群の認知度で業界トップを快走する。

 太細両用マーカーならではの利便性に加え、品揃えの充実も人気の理由だ。06年以降はインクのバリエーションも増え、より幅広いシーンに対応できるようになった。そして14年6月、「水拭きで消せるマッキー」の登場である。「間違ったところは消したい」「何度も書き直せたらもっと便利なのに」といった声を受け、「消える必要性がどこにあるかに着目。ニーズを探ってみると、収納ボックスのラベルや店頭のポップなど、実は用途が広いと判明した」(営業業務企画部の上野泰造氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る