初動100万本突破 主婦目線がウケたハウス「まぜてマジック」

公開日: 更新日:

 マヨネーズとまぜると「タルタル旨だれ」に、しょうゆと合わせると「和風甘酢だれ」に変身! といった具合に、家庭にある調味料とまぜるだけでいろいろな料理のたれやソースができる、ハウス食品の合わせだれの素「まぜてマジック」が好調だ。2014年8月の発売から1カ月で100万本を突破。初年度売り上げ目標10億円達成も確実の勢いである。

 開発のスタートは12年春。きっかけは女性研究員の主婦目線だった。

「食生活の多様化で冷蔵庫の中の調味料は飽和状態。たとえばタルタルソースなど、使用頻度は低いがないと困る調味料があふれている。一方で10年ごろから続く合わせだれブーム。料理雑誌などで合わせだれをつくる特集が人気を得ていたことから、1本で汎用性の高い合わせだれの素の発想が浮かんだ」(食品事業二部チームマネジャーの伊藤秀一郎氏)

 さっそく各種ドレッシングや調味料を分析すると、その共通素材は「砂糖」「塩」「酢」であることが判明。この3つをベースにすれば、合わせる素材によっていろいろに変化する万能だれができると確信した。だがそこからが長い道のり。商品の性格上、特徴がありすぎてもダメ。甘さと酸味のバランスを見いだすのに苦労する。味にまとまりを出すため野菜や香辛料なども厳選。決め手となる具材には万能な「たまねぎ」を採用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか