30年越し商品化 ギザなし「テープカッター直線美」大ヒット

公開日: 更新日:

 テープの切り口がまっすぐになるニチバンのテープカッター「直線美」に注目だ。2010年に卓上タイプを発売するとまたたく間に大ヒット。11年にハンディータイプ、12年にミニタイプ、14年には汎用タイプも加わり、これまでの累計販売数はシリーズ全体で60万台を突破している。
 最大のウリは、テープの切り口がギザギザにならず、まっすぐきれいにカットできること。スタイリッシュなデザインも人気の理由だ。

 そもそも直線切りは約30年前にも一度手がけたテーマ。当時は職人の手に頼った工芸品に近いものであったため量産化を断念したが、06年末、再挑戦の機会が訪れる。

「看板商品の『セロテープ』が08年に発売60周年を迎えるにあたり、なにか新しいものを作ろうと考え、さまざまなアイデアの中から選ばれたのが、テープが直線に切れるカッターだった」(テープ事業本部の石川庸平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る