30年越し商品化 ギザなし「テープカッター直線美」大ヒット

公開日:  更新日:

 テープの切り口がまっすぐになるニチバンのテープカッター「直線美」に注目だ。2010年に卓上タイプを発売するとまたたく間に大ヒット。11年にハンディータイプ、12年にミニタイプ、14年には汎用タイプも加わり、これまでの累計販売数はシリーズ全体で60万台を突破している。
 最大のウリは、テープの切り口がギザギザにならず、まっすぐきれいにカットできること。スタイリッシュなデザインも人気の理由だ。

 そもそも直線切りは約30年前にも一度手がけたテーマ。当時は職人の手に頼った工芸品に近いものであったため量産化を断念したが、06年末、再挑戦の機会が訪れる。

「看板商品の『セロテープ』が08年に発売60周年を迎えるにあたり、なにか新しいものを作ろうと考え、さまざまなアイデアの中から選ばれたのが、テープが直線に切れるカッターだった」(テープ事業本部の石川庸平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る