30年越し商品化 ギザなし「テープカッター直線美」大ヒット

公開日: 更新日:

 テープの切り口がまっすぐになるニチバンのテープカッター「直線美」に注目だ。2010年に卓上タイプを発売するとまたたく間に大ヒット。11年にハンディータイプ、12年にミニタイプ、14年には汎用タイプも加わり、これまでの累計販売数はシリーズ全体で60万台を突破している。
 最大のウリは、テープの切り口がギザギザにならず、まっすぐきれいにカットできること。スタイリッシュなデザインも人気の理由だ。

 そもそも直線切りは約30年前にも一度手がけたテーマ。当時は職人の手に頼った工芸品に近いものであったため量産化を断念したが、06年末、再挑戦の機会が訪れる。

「看板商品の『セロテープ』が08年に発売60周年を迎えるにあたり、なにか新しいものを作ろうと考え、さまざまなアイデアの中から選ばれたのが、テープが直線に切れるカッターだった」(テープ事業本部の石川庸平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る