ロングセラー「亀の子束子」は足ふきマットから生まれた

公開日:  更新日:

 たわしのスタンダードといえば亀の子束子西尾商店の看板商品「亀の子束子」だ。誕生は1907年。機能性・耐久性を追求したこだわりの品質は100年以上の長きにわたり支持されている。

「亀の子束子」は、創業者・西尾正左衛門氏の発明品である。原点は、棕櫚の繊維を針金で巻いた足ふきマット。結果的にそれは失敗作で返品の山に苦しんだのだが、妻がマットの部材である棕櫚の棒を折り曲げて掃除をしているのを見て「これだ!」とひらめいた。それまでの藁や縄を束ねただけの洗浄道具はもろく、洗浄力が弱かったことから、針金で巻いた棕櫚のたわしを思いついたのだ。早速、妻の手を参考に試行錯誤を重ね、女性が使いやすいサイズを開発。その形が亀の甲羅に似ていたため「亀の子束子」と命名した。

「亀は長寿で縁起がよく、水にも縁がある。たわしは当時の漢学者に相談して『束子』をあててもらった」(広報部課長の石井淑子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る