ロングセラー「亀の子束子」は足ふきマットから生まれた

公開日: 更新日:

 たわしのスタンダードといえば亀の子束子西尾商店の看板商品「亀の子束子」だ。誕生は1907年。機能性・耐久性を追求したこだわりの品質は100年以上の長きにわたり支持されている。

「亀の子束子」は、創業者・西尾正左衛門氏の発明品である。原点は、棕櫚の繊維を針金で巻いた足ふきマット。結果的にそれは失敗作で返品の山に苦しんだのだが、妻がマットの部材である棕櫚の棒を折り曲げて掃除をしているのを見て「これだ!」とひらめいた。それまでの藁や縄を束ねただけの洗浄道具はもろく、洗浄力が弱かったことから、針金で巻いた棕櫚のたわしを思いついたのだ。早速、妻の手を参考に試行錯誤を重ね、女性が使いやすいサイズを開発。その形が亀の甲羅に似ていたため「亀の子束子」と命名した。

「亀は長寿で縁起がよく、水にも縁がある。たわしは当時の漢学者に相談して『束子』をあててもらった」(広報部課長の石井淑子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る