ロングセラー「亀の子束子」は足ふきマットから生まれた

公開日: 更新日:

 たわしのスタンダードといえば亀の子束子西尾商店の看板商品「亀の子束子」だ。誕生は1907年。機能性・耐久性を追求したこだわりの品質は100年以上の長きにわたり支持されている。

「亀の子束子」は、創業者・西尾正左衛門氏の発明品である。原点は、棕櫚の繊維を針金で巻いた足ふきマット。結果的にそれは失敗作で返品の山に苦しんだのだが、妻がマットの部材である棕櫚の棒を折り曲げて掃除をしているのを見て「これだ!」とひらめいた。それまでの藁や縄を束ねただけの洗浄道具はもろく、洗浄力が弱かったことから、針金で巻いた棕櫚のたわしを思いついたのだ。早速、妻の手を参考に試行錯誤を重ね、女性が使いやすいサイズを開発。その形が亀の甲羅に似ていたため「亀の子束子」と命名した。

「亀は長寿で縁起がよく、水にも縁がある。たわしは当時の漢学者に相談して『束子』をあててもらった」(広報部課長の石井淑子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る