ロングセラー「亀の子束子」は足ふきマットから生まれた

公開日: 更新日:

 たわしのスタンダードといえば亀の子束子西尾商店の看板商品「亀の子束子」だ。誕生は1907年。機能性・耐久性を追求したこだわりの品質は100年以上の長きにわたり支持されている。

「亀の子束子」は、創業者・西尾正左衛門氏の発明品である。原点は、棕櫚の繊維を針金で巻いた足ふきマット。結果的にそれは失敗作で返品の山に苦しんだのだが、妻がマットの部材である棕櫚の棒を折り曲げて掃除をしているのを見て「これだ!」とひらめいた。それまでの藁や縄を束ねただけの洗浄道具はもろく、洗浄力が弱かったことから、針金で巻いた棕櫚のたわしを思いついたのだ。早速、妻の手を参考に試行錯誤を重ね、女性が使いやすいサイズを開発。その形が亀の甲羅に似ていたため「亀の子束子」と命名した。

「亀は長寿で縁起がよく、水にも縁がある。たわしは当時の漢学者に相談して『束子』をあててもらった」(広報部課長の石井淑子氏)

 当初は棕櫚を使ったが、パームヤシのほうが生産性が高いことから即切り替え、パームたわしが“元祖亀の子束子(1号型)”となった(棕櫚たわしは「極〆」シリーズで展開)。1908年に商標権を登録し、15年には特許を取得するも、類似品は多数出てきた。明らかな特許侵害だが、訴訟よりも販促にお金をかけるべきと考え、19年から個包装で差別化。「オレンジ色の袋に入った亀の子束子こそが本物」とうたい、広告も積極的に出稿した結果、人気は全国区となった。以来、ずっと同じ形状、同じ品質で売れ続けている。製法も変わらない。いまもむかしも熟練職人による手作りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか