老け込みたくなければ… 男も必須「紫外線ブロック」基本のキ

公開日: 更新日:

 日差しが強くなる季節。7~8月にかけては紫外線も急激に増加する。今や女性にとって日焼け対策は当たり前になっているが、ヨボヨボに老けたくなければ、男性も手を打った方がいい。

「小麦色の肌は健康的」というイメージは、今や昔になりつつある。かつて、日光浴は健康増進を図れるといわれていた。骨の形成に必要なビタミンDの生成には紫外線を浴びることが必要で、くる病の発症を防ぐことからも日光浴が推奨されていたのだ。

 しかし、栄養状態が改善された現代では、むしろ紫外線の悪影響が問題視されている。男性のアンチエイジング治療の第一人者で「メンズヘルスクリニック東京」の小林一広院長は言う。

「紫外線を浴び過ぎると〈光老化〉が加速し、シミやシワをつくる原因になります。皮膚は加齢とともに表皮が薄くなったり、皮膚の奥にある真皮の機能低下が起きたりする。これに紫外線による光老化が加わると、皮膚の老化はさらに促進されます。また、皮膚がんの原因になるケースもありますし、目から吸収された紫外線は白内障の原因にもなる。短期的にはそれほど問題が表れなくても、蓄積されると10年後、20年後に悪影響が出てくるのです。いつまでも若々しくいたいなら、紫外線対策をしてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る