• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老け込みたくなければ… 男も必須「紫外線ブロック」基本のキ

 日差しが強くなる季節。7~8月にかけては紫外線も急激に増加する。今や女性にとって日焼け対策は当たり前になっているが、ヨボヨボに老けたくなければ、男性も手を打った方がいい。

「小麦色の肌は健康的」というイメージは、今や昔になりつつある。かつて、日光浴は健康増進を図れるといわれていた。骨の形成に必要なビタミンDの生成には紫外線を浴びることが必要で、くる病の発症を防ぐことからも日光浴が推奨されていたのだ。

 しかし、栄養状態が改善された現代では、むしろ紫外線の悪影響が問題視されている。男性のアンチエイジング治療の第一人者で「メンズヘルスクリニック東京」の小林一広院長は言う。

「紫外線を浴び過ぎると〈光老化〉が加速し、シミやシワをつくる原因になります。皮膚は加齢とともに表皮が薄くなったり、皮膚の奥にある真皮の機能低下が起きたりする。これに紫外線による光老化が加わると、皮膚の老化はさらに促進されます。また、皮膚がんの原因になるケースもありますし、目から吸収された紫外線は白内障の原因にもなる。短期的にはそれほど問題が表れなくても、蓄積されると10年後、20年後に悪影響が出てくるのです。いつまでも若々しくいたいなら、紫外線対策をしてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る