50歳から老化 脳活性化の鍵は「××したい」ギラギラの欲望

公開日: 更新日:

 物忘れをするようになった、集中力が続かない……。50歳あたりから「脳」の衰えをヒシヒシと感じるサラリーマンは少なくない。とはいえ、ボケるにはまだ早い。脳は正しい方法で鍛えれば、年齢に関係なく育っていくのだ。

 これまでMRIで1万人以上の脳の画像を見てきた医学博士の加藤俊徳氏がいう。
「50歳を境に脳は老化していきますが、特に危ないのは男性です。脳には感情をつかさどる部分、思考に関係する部分など同じ働きをする細胞同士が集まり、大きくは8つのエリア(脳番地)に分かれます。それらが互いに連携することで働きを強めますが、多くの人は生活習慣や脳の癖により、偏った使い方をしている。中でも一日の大半を仕事に費やすサラリーマンは、ルーティン化作業、仕事以外の時間を持てないなど、同じ“脳番地”しか使っていない傾向が強いのです」

 使わないエリアはサビついてしまう。その解消のキーワードとなるのが「欲求」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る