• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50歳から老化 脳活性化の鍵は「××したい」ギラギラの欲望

 物忘れをするようになった、集中力が続かない……。50歳あたりから「脳」の衰えをヒシヒシと感じるサラリーマンは少なくない。とはいえ、ボケるにはまだ早い。脳は正しい方法で鍛えれば、年齢に関係なく育っていくのだ。

 これまでMRIで1万人以上の脳の画像を見てきた医学博士の加藤俊徳氏がいう。
「50歳を境に脳は老化していきますが、特に危ないのは男性です。脳には感情をつかさどる部分、思考に関係する部分など同じ働きをする細胞同士が集まり、大きくは8つのエリア(脳番地)に分かれます。それらが互いに連携することで働きを強めますが、多くの人は生活習慣や脳の癖により、偏った使い方をしている。中でも一日の大半を仕事に費やすサラリーマンは、ルーティン化作業、仕事以外の時間を持てないなど、同じ“脳番地”しか使っていない傾向が強いのです」

 使わないエリアはサビついてしまう。その解消のキーワードとなるのが「欲求」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る