極細筆で一気描きの三川内焼にメロメロ<長崎三川内>

公開日:  更新日:

 中国の子供「唐子(からこ)」が喜び遊ぶ絵柄が代表的な「三川内(みかわち)焼」。この産地を見て歩く機会を得た。案内してくれたのは、「みかわち観光ガイド協会」の林博幸さん。

 三川内焼の始まりは、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した「文禄・慶長の役」(16世紀末)。林さんによれば、平戸藩の領主・松浦鎮信が帰国の際に陶工を連れ帰り、現在の長崎県平戸市で窯が誕生したのがルーツのひとつ。そしてもうひとつのルーツは、豊臣秀吉の不興を買って領主が領土を取り上げられたため、唐津焼の陶工が九州各地に移り住み、その一カ所が三川内だったこと。

 江戸、明治、大正、昭和の各時代の三川内焼を鑑賞できる「三川内焼美術館」を経て、三川内焼の中心地へ。100%世襲制だそうで、後継者問題などから廃業した窯もある中、16代目の中里月度務(なかざと・つとむ)さん(48)が後を継ぐ窯「平戸松山(しょうざん)」の作業風景を見学させてもらった。父君である15代目は、林さんの同級生。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る