極細筆で一気描きの三川内焼にメロメロ<長崎三川内>

公開日: 更新日:

 中国の子供「唐子(からこ)」が喜び遊ぶ絵柄が代表的な「三川内(みかわち)焼」。この産地を見て歩く機会を得た。案内してくれたのは、「みかわち観光ガイド協会」の林博幸さん。

 三川内焼の始まりは、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した「文禄・慶長の役」(16世紀末)。林さんによれば、平戸藩の領主・松浦鎮信が帰国の際に陶工を連れ帰り、現在の長崎県平戸市で窯が誕生したのがルーツのひとつ。そしてもうひとつのルーツは、豊臣秀吉の不興を買って領主が領土を取り上げられたため、唐津焼の陶工が九州各地に移り住み、その一カ所が三川内だったこと。

 江戸、明治、大正、昭和の各時代の三川内焼を鑑賞できる「三川内焼美術館」を経て、三川内焼の中心地へ。100%世襲制だそうで、後継者問題などから廃業した窯もある中、16代目の中里月度務(なかざと・つとむ)さん(48)が後を継ぐ窯「平戸松山(しょうざん)」の作業風景を見学させてもらった。父君である15代目は、林さんの同級生。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る