昔大好きだったものに遭遇<浅草>

公開日:  更新日:

「この辺りに塔頭(たっちゅう)がたくさんあるんよ。こういう都会ならではの塔頭って、見たことがないなぁ」

 浅草寺近くで、関西出身だけど浅草に詳しいR氏がつぶやいた。塔頭とは、大寺の山内にある末寺のこと。確かにここの塔頭は近代的で、イメージにあるものとはずいぶん違うように思う。江戸時代、現在の仲見世の辺りには、浅草寺で学んだお坊さんたちの塔頭がたくさんあったそうだ。

 今回の目的地は、台東区の今戸で焼かれてきた日用品の土器類・土人形類である「今戸焼」を見に行くこと。しかし、そこにたどり着く前にいろいろ印象に残ることが……。

「昔履いたよなぁ。懐かしいわぁ」

 高校時代の定番靴「ハルタ」の看板。皆が履いていたのはローファーだ。存在をすっかり忘れていた。あの時の青くさい気持ちが蘇る。見学しようと入っていくと、会社の方に呼び止められた。ここは販売部で「見学や小売りはやっていない」と丁寧に説明される。それは残念。開業は千住で、今でも本社は千住にあるとのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る