周囲に溶け込んだ古民家カフェ 乱されていない<鳩の街 曳舟>

公開日: 更新日:

 不覚にも財布には1円玉合わせても850円しかなかった。口座があるみずほ銀行が見当たらず下ろせない。腹が減った。スカイツリー駅からきょろきょろしながら歩いたが、目についた店のランチはどこも“高額”で入れない。

 出合ったのは、曳舟駅近くの立ち食いそば屋。たぬきそば330円は熱々で、冷えた体に染みてウマい。心身ともに生き返った気分。

「最近、若い人のお店がチラホラ」と聞いた「鳩の街通り商店街」へ向かう。曳舟駅からは水戸街道を越えてすぐだ。

 途中、寄った「江戸木箸 大黒屋」さん。風格のある門構えに入るのに躊躇したのだが、店員さんに熱心に質問している老婦人のおかげで、ゆっくり見ることができた。箸にウン万円もするものがあるとは知らなんだ。食べ物のつまみ心地が違うのだろうか。納豆専用の箸というものも初めて見た。日常的に使うものだから、一生、共に過ごせる自分だけの箸を、こういう店で買うのもいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る