周囲に溶け込んだ古民家カフェ 乱されていない<鳩の街 曳舟>

公開日: 更新日:

 不覚にも財布には1円玉合わせても850円しかなかった。口座があるみずほ銀行が見当たらず下ろせない。腹が減った。スカイツリー駅からきょろきょろしながら歩いたが、目についた店のランチはどこも“高額”で入れない。

 出合ったのは、曳舟駅近くの立ち食いそば屋。たぬきそば330円は熱々で、冷えた体に染みてウマい。心身ともに生き返った気分。

「最近、若い人のお店がチラホラ」と聞いた「鳩の街通り商店街」へ向かう。曳舟駅からは水戸街道を越えてすぐだ。

 途中、寄った「江戸木箸 大黒屋」さん。風格のある門構えに入るのに躊躇したのだが、店員さんに熱心に質問している老婦人のおかげで、ゆっくり見ることができた。箸にウン万円もするものがあるとは知らなんだ。食べ物のつまみ心地が違うのだろうか。納豆専用の箸というものも初めて見た。日常的に使うものだから、一生、共に過ごせる自分だけの箸を、こういう店で買うのもいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る