本物の釜揚げシラスを食べたことがあるか<高知・安芸>

公開日: 更新日:

 本連載も今回が2015年最後。「江戸」でも「東京」でもないが、私が最も好きな街のひとつを紹介したい。

 出会いは2014年。「安芸」といえば、私にとっては「広島県の安芸」だったが、ふとした縁で「高知県の安芸」を知った。“パッと見”目立つ観光スポットはないが、まるで恋に落ちたかのように、安芸に通っている。昨年は4月、7月、11月、そして今年は3月、12月。

 初回で知り合った、ひょうひょうとした山本先生、美人ママ佐代さん、ダンディーつたえさんが毎回案内役を買って出てくれ、バー「ラ・メール」での深夜にまで及ぶ宴にお付き合いしてくれる。安芸の名店「奴寿司」「ようちゃん」「風来坊」さんなどへ、カツオ、アユ、ツガニ、ゴリ、焼きサバ寿司などの料理を頼んでおいてくれる。

 いずれも東京では絶対に得られないうまさ。しかし、料理とともにグッとくるのは、見知らぬ旅人をも、古い仲間と同様に迎えてくれる、安芸の方々の懐の深さ、温かさだ。それが、安芸に引かれる理由のひとつ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る