本物の釜揚げシラスを食べたことがあるか<高知・安芸>

公開日:  更新日:

 本連載も今回が2015年最後。「江戸」でも「東京」でもないが、私が最も好きな街のひとつを紹介したい。

 出会いは2014年。「安芸」といえば、私にとっては「広島県の安芸」だったが、ふとした縁で「高知県の安芸」を知った。“パッと見”目立つ観光スポットはないが、まるで恋に落ちたかのように、安芸に通っている。昨年は4月、7月、11月、そして今年は3月、12月。

 初回で知り合った、ひょうひょうとした山本先生、美人ママ佐代さん、ダンディーつたえさんが毎回案内役を買って出てくれ、バー「ラ・メール」での深夜にまで及ぶ宴にお付き合いしてくれる。安芸の名店「奴寿司」「ようちゃん」「風来坊」さんなどへ、カツオ、アユ、ツガニ、ゴリ、焼きサバ寿司などの料理を頼んでおいてくれる。

 いずれも東京では絶対に得られないうまさ。しかし、料理とともにグッとくるのは、見知らぬ旅人をも、古い仲間と同様に迎えてくれる、安芸の方々の懐の深さ、温かさだ。それが、安芸に引かれる理由のひとつ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る