本物の釜揚げシラスを食べたことがあるか<高知・安芸>

公開日:  更新日:

 本連載も今回が2015年最後。「江戸」でも「東京」でもないが、私が最も好きな街のひとつを紹介したい。

 出会いは2014年。「安芸」といえば、私にとっては「広島県の安芸」だったが、ふとした縁で「高知県の安芸」を知った。“パッと見”目立つ観光スポットはないが、まるで恋に落ちたかのように、安芸に通っている。昨年は4月、7月、11月、そして今年は3月、12月。

 初回で知り合った、ひょうひょうとした山本先生、美人ママ佐代さん、ダンディーつたえさんが毎回案内役を買って出てくれ、バー「ラ・メール」での深夜にまで及ぶ宴にお付き合いしてくれる。安芸の名店「奴寿司」「ようちゃん」「風来坊」さんなどへ、カツオ、アユ、ツガニ、ゴリ、焼きサバ寿司などの料理を頼んでおいてくれる。

 いずれも東京では絶対に得られないうまさ。しかし、料理とともにグッとくるのは、見知らぬ旅人をも、古い仲間と同様に迎えてくれる、安芸の方々の懐の深さ、温かさだ。それが、安芸に引かれる理由のひとつ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る