• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本物の釜揚げシラスを食べたことがあるか<高知・安芸>

 本連載も今回が2015年最後。「江戸」でも「東京」でもないが、私が最も好きな街のひとつを紹介したい。

 出会いは2014年。「安芸」といえば、私にとっては「広島県の安芸」だったが、ふとした縁で「高知県の安芸」を知った。“パッと見”目立つ観光スポットはないが、まるで恋に落ちたかのように、安芸に通っている。昨年は4月、7月、11月、そして今年は3月、12月。

 初回で知り合った、ひょうひょうとした山本先生、美人ママ佐代さん、ダンディーつたえさんが毎回案内役を買って出てくれ、バー「ラ・メール」での深夜にまで及ぶ宴にお付き合いしてくれる。安芸の名店「奴寿司」「ようちゃん」「風来坊」さんなどへ、カツオ、アユ、ツガニ、ゴリ、焼きサバ寿司などの料理を頼んでおいてくれる。

 いずれも東京では絶対に得られないうまさ。しかし、料理とともにグッとくるのは、見知らぬ旅人をも、古い仲間と同様に迎えてくれる、安芸の方々の懐の深さ、温かさだ。それが、安芸に引かれる理由のひとつ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る