• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門家が解説 ノー残業デーや時短がうまくいく会社とは

 働き方改革は、やっぱり定着していなかった。マクロミルが正社員の男女200人に残業の実態調査を行ったところ、66%は「月に1日以上の残業がある」と回答。その中で、1カ月の残業時間の合計が40時間を超えていたのは14%に上る。慢性的な残業に苦しんでいるのは少数でも、残業に対する意識はそれほど変わっていないのだ。

 残業についての考え方で当てはまるものとして、「本人が望んでやっている。納得していれば問題はないと思う」(73.5%)、「若いうちは経験しておくべき」(54%)、「ワークスタイルのひとつとしてアリだと思う」(50%)、「人より稼ぐために必要なこと」(47.5%)などと残業を前提とした生活スタイルの人が少なくない。

「残業代を不当に稼ごうとする人が出るので会社にとって良くない」(61.5%)と、もっともな意見の人がいる一方で、低賃金の足しに残業が欠かせない現実がうかがえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る