• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京2社がオフィス 大分・姫島はITアイランドになれるか

 まさにテレワークだ――。大分県・国東半島沖に浮かぶ人口約1900人の離島・姫島(姫島村)。東京のIT企業2社が12月にサテライトオフィスを開設する。

 大分県との取り組みで、約40年ぶりの企業誘致となった。姫島村の総務課長は「ITとは縁もゆかりもない地に来てくれてありがたい。島にはNTT所有の海底光ケーブルが通っていますが、現在、オフィス開設に向けて容量アップなどの準備をしています」と慌ただしい様子だ。

 オフィスを開設するのは、システム開発の「ブレーンネット」(東京都千代田区=今井智康社長)とウェブアプリケーション開発の「Ruby開発」(東京都中央区=芦田秀之社長)。旧小学校舎に造ったオフィス棟に拠点を置く。ともに当初は3人を雇用し、5年後には10~15人に増やす意向だ。両社とも姫島での仕事に期待を膨らます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事