因幡晃さん<1>秋田県の鉱山の町に生まれ鉱山に就職

公開日:

 物悲しい歌詞と哀調を帯びた歌声が心に刺さる「わかって下さい」でデビューした因幡さんは、地元秋田の鉱山で技師として働いていた。1975(昭和50)年、第10回ヤマハ・ポピュラーソングコンテストに出場し、同曲で優秀曲賞を受賞。同大会でグランプリを受賞した中島みゆきさんと一緒に、第6回世界歌謡祭にも出場した。その後、誘われるままプロとなったが、鉱山の仕事は大好きだったという。

 生まれたのは秋田県北部の花岡って鉱山の町です。銅の含有率が高い黒鉱が取れる山で、鉛、亜鉛、鉄も産出していました。地場産業はそれしかなかったから、だれもが何かしら鉱山の仕事に従事しているというところでしたね。

 いまはもう山の灯は消えて、周囲の景色もすっかり変わってしまいましたが、僕が子供のころはプロ野球の試合もあったし、大相撲も巡業で来ていました。オリンピック選手だって輩出していたんです。「共楽館」で映画を見て、「康楽館」で歌舞伎を楽しむ。それが町の日常でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る