赤川次郎さん<1>本屋でのバイトを経て日本機械学会に応募

公開日:

 ユーモアあふれる軽妙なミステリー作品で多くのファンを魅了してきた。1976年に「幽霊列車」でオール読物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作家生活は40年を過ぎ、著書は600冊(!)を超える。そんな大ベストセラー作家も、昔はサラリーマンだった。

 中学から桐朋学園に進んだものの、高校生の時に父親が会社を辞め、家計は困窮。大学進学はあきらめざるを得なかった。

 私立の進学校で就職を希望する生徒はただひとり。サポートしてくれる体制など整っていなかった。赤川さんは新聞に求人広告を出していた大久保の本屋でアルバイトを始めた。

「当時は界隈で最も大きな本屋でした。これが思いのほか重労働で参りましたね。送られてくる本を店に並べるのが仕事でしたが、いかに本が重いかを学びましたよ。しかも世界文学全集が流行していた頃で、重たいのがドタドタと届くんです。それを店内に運ぶだけで大騒ぎ。クーラーもない時代だったから、すぐに汗だくになっていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る