赤川次郎さん<1>本屋でのバイトを経て日本機械学会に応募

公開日: 更新日:

 ユーモアあふれる軽妙なミステリー作品で多くのファンを魅了してきた。1976年に「幽霊列車」でオール読物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作家生活は40年を過ぎ、著書は600冊(!)を超える。そんな大ベストセラー作家も、昔はサラリーマンだった。

 中学から桐朋学園に進んだものの、高校生の時に父親が会社を辞め、家計は困窮。大学進学はあきらめざるを得なかった。

 私立の進学校で就職を希望する生徒はただひとり。サポートしてくれる体制など整っていなかった。赤川さんは新聞に求人広告を出していた大久保の本屋でアルバイトを始めた。

「当時は界隈で最も大きな本屋でした。これが思いのほか重労働で参りましたね。送られてくる本を店に並べるのが仕事でしたが、いかに本が重いかを学びましたよ。しかも世界文学全集が流行していた頃で、重たいのがドタドタと届くんです。それを店内に運ぶだけで大騒ぎ。クーラーもない時代だったから、すぐに汗だくになっていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る