• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤川次郎さん<1>本屋でのバイトを経て日本機械学会に応募

投稿日:

 ユーモアあふれる軽妙なミステリー作品で多くのファンを魅了してきた。1976年に「幽霊列車」でオール読物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作家生活は40年を過ぎ、著書は600冊(!)を超える。そんな大ベストセラー作家も、昔はサラリーマンだった。

 中学から桐朋学園に進んだものの、高校生の時に父親が会社を辞め、家計は困窮。大学進学はあきらめざるを得なかった。

 私立の進学校で就職を希望する生徒はただひとり。サポートしてくれる体制など整っていなかった。赤川さんは新聞に求人広告を出していた大久保の本屋でアルバイトを始めた。

「当時は界隈で最も大きな本屋でした。これが思いのほか重労働で参りましたね。送られてくる本を店に並べるのが仕事でしたが、いかに本が重いかを学びましたよ。しかも世界文学全集が流行していた頃で、重たいのがドタドタと届くんです。それを店内に運ぶだけで大騒ぎ。クーラーもない時代だったから、すぐに汗だくになっていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る