辻村深月さん<1> 山梨に戻り就職するも挫折感を味わう

公開日:  更新日:

 2004年、「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞し、24歳で作家としてデビュー。10年には「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」が直木賞候補作となり、12年に「鍵のない夢を見る」で直木賞受賞。今年5月には「かがみの孤城」(ポプラ社)を出版した、今最も勢いのある辻村さん。「私の人生って、普通なんです」と言うが、その「普通」の人生での経験が、彼女の作品の血肉となっているようにも感じる。

 私の両親は2人とも山梨の公務員。父は町役場に勤め、母は隣町で保健師をしていて、私も子どもの頃から、自分は公務員になるんだろうなと漠然と思っていました。

 大学は千葉大学に行きましたが、志望理由は推理小説同好会があることを知ったからでした。当時からミステリー小説が大好きだったんです。教育学部を選んだのは、何となく公務員と思っていた流れの中で、学校の先生になりたいと思ったからでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る