弘兼憲史さん<1>初任給4万1000円が入社3年目には11万2500円

公開日:

 1970年に松下電器産業(現・パナソニック)に入ってまず驚いたのは、月給の上がり方でした。1年目の初任給が4万1000円、半分の2万円を社内預金に回しました。これが2年目になると8万円に跳ね上がり、3年目は11万2500円。3年で3倍というのですから、今の時代では考えられない。

 ところが、早稲田大学の同期で日本生命とか伊勢丹に行ったやつに聞いたら、僕より年収が100万円も多かった。

 子供の頃から絵が得意で、夢は漫画家になることでした。とはいえ、漫画家は特殊な職業だから、なりたいからなれるというものでもない。小学生の頃に見たドラマ「事件記者」(NHK)に憧れ、新聞記者になろうと早稲田大学の法学部に進学しました。下宿は岩陽学舎という寮に入りました。

 旧岩国藩主が郷里の学生のために建てた寮で、当時は岸信介さんが責任者。よくお世話になったものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る