弘兼憲史さん<1>初任給4万1000円が入社3年目には11万2500円

公開日: 更新日:

 1970年に松下電器産業(現・パナソニック)に入ってまず驚いたのは、月給の上がり方でした。1年目の初任給が4万1000円、半分の2万円を社内預金に回しました。これが2年目になると8万円に跳ね上がり、3年目は11万2500円。3年で3倍というのですから、今の時代では考えられない。

 ところが、早稲田大学の同期で日本生命とか伊勢丹に行ったやつに聞いたら、僕より年収が100万円も多かった。

 子供の頃から絵が得意で、夢は漫画家になることでした。とはいえ、漫画家は特殊な職業だから、なりたいからなれるというものでもない。小学生の頃に見たドラマ「事件記者」(NHK)に憧れ、新聞記者になろうと早稲田大学の法学部に進学しました。下宿は岩陽学舎という寮に入りました。

 旧岩国藩主が郷里の学生のために建てた寮で、当時は岸信介さんが責任者。よくお世話になったものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る