栃ノ心優勝で話題 名産ジョージアワインは二日酔い知らず

公開日:

 平幕優勝に限れば6年ぶりの快挙だ。大相撲初場所で栃ノ心(30)が初優勝を飾り、本人はもちろん、出身地の「ジョージア」も話題をさらっている。

 旧ソビエト連邦時代は「グルジア」の名で知られていたが、1991年にそのソ連から独立。有史以前から世界の民族が行き交うシルクロードの要所にあり、人口は400万人ほど。国民1人当たりの平均月収は約4万円で、世界でも貧しい国のひとつだ。

 就業人口の約半分がワインに関係した仕事をしているという。そのジョージアワインだが、実は栃ノ心よりめちゃんこスゴイのだ。

 なにしろ、最近、紀元前6000年ごろ(新石器時代)に使ったワイン醸造用の壺が見つかるなど、世界最古のワイン産地として知られる。かのクレオパトラが愛飲し、英チャーチル元首相をして「生涯にわたり買い占めたい」と言わしめたほどだ。ちなみに、8000年前からの伝統的な製造法のクヴェヴリ(伝統的壺造り)はユネスコ無形文化遺産に登録されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る