大衆酒場の定番つまみ 豚なのに“やきとり”と呼ぶのはナゼ

公開日:

 古い大衆酒場が注目されている。そんな店に多いのが、“やきとり”と称して、シロやカシラなど豚モツ焼きを出すことだろう。

 例えば、東京・新橋の「王将」は、のれんに“やきとり”と書かれてあるが、出てくるのは豚モツ焼きだ。東京・西荻窪駅前の「やきとり戎」は、“やきとり”メニューに“鳥”と“豚もつ”が書き分けられている。なぜ豚が、“やきとり”なのか?

 そのいきさつは、橋本健二著「居酒屋の戦後史」(祥伝社)に詳しい。同書によると、明治中ごろは、やきとりといえば鶏の臓物を串に刺して焼いたものだったが、明治の終わりごろになると、牛や豚のモツを串に刺して、タレにつけて照り焼きにしたものを示すようになったという。

 その理由は、当時の鶏肉の値段。ブロイラーが一般化した今とは違い、鶏肉は牛肉や豚肉よりも高価だったため、“やきとり=高級”なイメージがあった。それにあやかって、内臓の串焼きを一律に“やきとり”と呼ぶようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る