大衆酒場の定番つまみ 豚なのに“やきとり”と呼ぶのはナゼ

公開日:

 古い大衆酒場が注目されている。そんな店に多いのが、“やきとり”と称して、シロやカシラなど豚モツ焼きを出すことだろう。

 例えば、東京・新橋の「王将」は、のれんに“やきとり”と書かれてあるが、出てくるのは豚モツ焼きだ。東京・西荻窪駅前の「やきとり戎」は、“やきとり”メニューに“鳥”と“豚もつ”が書き分けられている。なぜ豚が、“やきとり”なのか?

 そのいきさつは、橋本健二著「居酒屋の戦後史」(祥伝社)に詳しい。同書によると、明治中ごろは、やきとりといえば鶏の臓物を串に刺して焼いたものだったが、明治の終わりごろになると、牛や豚のモツを串に刺して、タレにつけて照り焼きにしたものを示すようになったという。

 その理由は、当時の鶏肉の値段。ブロイラーが一般化した今とは違い、鶏肉は牛肉や豚肉よりも高価だったため、“やきとり=高級”なイメージがあった。それにあやかって、内臓の串焼きを一律に“やきとり”と呼ぶようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る