大衆酒場の定番つまみ 豚なのに“やきとり”と呼ぶのはナゼ

公開日: 更新日:

 古い大衆酒場が注目されている。そんな店に多いのが、“やきとり”と称して、シロやカシラなど豚モツ焼きを出すことだろう。

 例えば、東京・新橋の「王将」は、のれんに“やきとり”と書かれてあるが、出てくるのは豚モツ焼きだ。東京・西荻窪駅前の「やきとり戎」は、“やきとり”メニューに“鳥”と“豚もつ”が書き分けられている。なぜ豚が、“やきとり”なのか?

 そのいきさつは、橋本健二著「居酒屋の戦後史」(祥伝社)に詳しい。同書によると、明治中ごろは、やきとりといえば鶏の臓物を串に刺して焼いたものだったが、明治の終わりごろになると、牛や豚のモツを串に刺して、タレにつけて照り焼きにしたものを示すようになったという。

 その理由は、当時の鶏肉の値段。ブロイラーが一般化した今とは違い、鶏肉は牛肉や豚肉よりも高価だったため、“やきとり=高級”なイメージがあった。それにあやかって、内臓の串焼きを一律に“やきとり”と呼ぶようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る