添加物研究者が解説 命が縮む「酒とつまみ」の食べ合わせ

公開日:

「うなぎと梅干し」「天ぷらとスイカ」などは、昔から食べ合わせが悪いといわれるが、実は酒を飲むときにも“つまみ”にしてはいけない食品があるという。市販のソーセージ、かまぼこ、漬物……これらすべてがNGなんだとか。一体、どういうことなのか。

 添加物の研究歴40年で、「長生きしたければ、原材料表示を確認しなさい!」の著者、小薮浩二郎氏が言う。

「共通するのはすべて加工食品で、製造過程で添加物が入っているということです。添加物とアルコールの組み合わせは、動物実験できちんと研究されていない。特にソーセージなど“脂溶性”の添加物を含んだ食品はアルコールと一緒に摂取すると、食道などの粘膜からしみ込んで、体内に吸収されて血液に回る。アルコールは、水にも脂にも溶けますからね。この組み合わせで摂取を続ければ、食道がんのリスクも高まるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る