洗濯機窒息死だけじゃない 乳幼児の家庭内事故はこんなに

公開日:  更新日:

 堺市の5歳男児がドラム式洗濯機に閉じ込められ、窒息死した先月27日の事故は痛ましい。洗濯機にはこうした事故を防ぐための“チャイルドロック機能”が付いていたというが、父親は「使っていなかった」と説明しているという。

 ただでさえ幼い子どもの行動は予測不能だ。家庭内の「まさか!」の事故は洗濯機閉じ込め以外にもいっぱいあるから、注意した方がいい。

 東京消防庁のまとめによると、2013~15年に管内(稲城市、島しょ地区を除く)で窒息や誤飲(耳や鼻などに入ったものも含む)で救急搬送された5歳以下の乳幼児は3537人もいる。

 たとえば、4歳女児がかた焼きそばに入っていたうずらの卵を喉に詰まらせて窒息したり、2歳女児が洗濯用パック型液体洗剤を誤飲して嘔吐、救急搬送されたケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る