“事故物件芸人”松原タニシが語る 避けたい物件の見分け方

公開日: 更新日:

 最近は年末年始に引っ越しを考える人も増えているが、できることなら孤独死や自殺、殺人事件の現場となったような部屋はパスしたいものだ。ところが、こうした“事故物件”も、次の次の借り主に対しては「告知の義務」がなくなるという。前の住人が1カ月以内で退去しようが問題なし。ひどいケースになると関係者が数週間住んだことにして、次の借り主にしれっと貸したりしているそうだ。

 4年半前から複数の事故物件を住み替えてきた芸人の松原タニシさんは、「何かある物件は、広告などに『告知事項あり』や『心理的瑕疵(かし)あり』と記載されていますが、1人でも住んでしまえば記載する必要はなくなります。もっとも今は『大島てる』などの事故物件サイトで検索すれば、目星を付けたマンションで過去に何か起きていないかを確認できます。もめるのを恐れる業者は、1人挟んでも告知するようになってきました。ただしそれも、こちらから聞けばです」と言う。中には、「10年前に孤独死があり、その後に2人が入居したが、いずれも1カ月以内に退去した」などと細かく教えてくれる不動産もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか