“事故物件芸人”松原タニシが語る 避けたい物件の見分け方

公開日:

 最近は年末年始に引っ越しを考える人も増えているが、できることなら孤独死や自殺、殺人事件の現場となったような部屋はパスしたいものだ。ところが、こうした“事故物件”も、次の次の借り主に対しては「告知の義務」がなくなるという。前の住人が1カ月以内で退去しようが問題なし。ひどいケースになると関係者が数週間住んだことにして、次の借り主にしれっと貸したりしているそうだ。

 4年半前から複数の事故物件を住み替えてきた芸人の松原タニシさんは、「何かある物件は、広告などに『告知事項あり』や『心理的瑕疵(かし)あり』と記載されていますが、1人でも住んでしまえば記載する必要はなくなります。もっとも今は『大島てる』などの事故物件サイトで検索すれば、目星を付けたマンションで過去に何か起きていないかを確認できます。もめるのを恐れる業者は、1人挟んでも告知するようになってきました。ただしそれも、こちらから聞けばです」と言う。中には、「10年前に孤独死があり、その後に2人が入居したが、いずれも1カ月以内に退去した」などと細かく教えてくれる不動産もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る