“事故物件芸人”松原タニシが語る 避けたい物件の見分け方

公開日: 更新日:

 最近は年末年始に引っ越しを考える人も増えているが、できることなら孤独死や自殺、殺人事件の現場となったような部屋はパスしたいものだ。ところが、こうした“事故物件”も、次の次の借り主に対しては「告知の義務」がなくなるという。前の住人が1カ月以内で退去しようが問題なし。ひどいケースになると関係者が数週間住んだことにして、次の借り主にしれっと貸したりしているそうだ。

 4年半前から複数の事故物件を住み替えてきた芸人の松原タニシさんは、「何かある物件は、広告などに『告知事項あり』や『心理的瑕疵(かし)あり』と記載されていますが、1人でも住んでしまえば記載する必要はなくなります。もっとも今は『大島てる』などの事故物件サイトで検索すれば、目星を付けたマンションで過去に何か起きていないかを確認できます。もめるのを恐れる業者は、1人挟んでも告知するようになってきました。ただしそれも、こちらから聞けばです」と言う。中には、「10年前に孤独死があり、その後に2人が入居したが、いずれも1カ月以内に退去した」などと細かく教えてくれる不動産もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る