“事故物件芸人”松原タニシが語る 避けたい物件の見分け方

公開日:

 最近は年末年始に引っ越しを考える人も増えているが、できることなら孤独死や自殺、殺人事件の現場となったような部屋はパスしたいものだ。ところが、こうした“事故物件”も、次の次の借り主に対しては「告知の義務」がなくなるという。前の住人が1カ月以内で退去しようが問題なし。ひどいケースになると関係者が数週間住んだことにして、次の借り主にしれっと貸したりしているそうだ。

 4年半前から複数の事故物件を住み替えてきた芸人の松原タニシさんは、「何かある物件は、広告などに『告知事項あり』や『心理的瑕疵(かし)あり』と記載されていますが、1人でも住んでしまえば記載する必要はなくなります。もっとも今は『大島てる』などの事故物件サイトで検索すれば、目星を付けたマンションで過去に何か起きていないかを確認できます。もめるのを恐れる業者は、1人挟んでも告知するようになってきました。ただしそれも、こちらから聞けばです」と言う。中には、「10年前に孤独死があり、その後に2人が入居したが、いずれも1カ月以内に退去した」などと細かく教えてくれる不動産もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る