東京並み積雪経験なし…もしも大阪にドカ雪が降ったら?

公開日:

 大阪は雪が降っても積もらないため、話題にならないが、2、3年に1度の頻度で5~6センチ規模の積雪は起きている。過去には1994年の9センチがあった。

 今後、東京並みの10~20センチの積雪があればどうなってしまうのか――。

「大阪から京都盆地南部にかけては降雪しにくい地域性です。大阪は東京よりも海水温が低く雪が発生しにくい。そんな環境ですから、関西の人はわずかな積雪にも弱い。24日に京都盆地北部で2、3センチの雪が降りましたが、自動車はまともに走れず、歩行者、自転車、バイクはあちこちで転倒しています。私も、数年前に大阪市内で数センチ規模の積雪時に、路面凍結した道路を歩行中に転倒し腕を骨折しました」(立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授=災害リスクマネジメント)

 大阪では、大規模な積雪経験がない。道路の雪害対策は進んでいないため、大事故が予測される。2011年に大阪全域で積雪が観測された時には、国道でチェーンをはいていなかった大型車がスリップし、長時間の通行止めとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る