• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

効果を無駄にしない 発酵のプロが指摘する食べ方の勘違い

“おいしくて健康に良い”との触れ込みから発酵食品への関心が一段と高まっている。スーパーの店頭には塩麹や甘酒、ヨーグルトなどたくさんの発酵食品がズラリ。こうしたブームを背景に「発酵女子」と呼ばれる発酵食品にハマる若い女性が話題になり、発酵料理の専門店まで登場。もっとも、発酵食品をモリモリ食べれば健康になれるわけではないという。せっかくの効果を台無しにしてしまう食べ方、残念な発酵食品の選び方があるという。

 ナチュラルフードコーディネーターの資格を持つ“発酵スペシャリスト”の木谷友美氏(写真)が言う。

「日本の代表的な発酵食品といえば味噌。古くから“味噌汁は沸騰させるな”という言い伝えがありますが、あれは味が落ちるからだけではありません。味噌にはでんぷんや脂肪の分解を促す酵素が豊富に含まれており、ダイエット中の人は酵素を効率良く摂取するために、食事の際は味噌汁から飲むのが正解。ところが、酵素は一般的に60度以上の熱によって破壊されてしまい、高温で煮込むと失われてしまうので要注意です。“飲む点滴”と呼ばれる麹を使った甘酒も、同じ理由から加熱せず、常温か冷やして飲んだ方が酵素をたくさん摂取できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る