原油高と極寒がジワジワ…値上げ“波状攻撃”は夏まで続く

公開日: 更新日:

 値上げの波状攻撃だ――。電気・ガス大手は30日、燃料費の上昇を理由に3月1日からの値上げを発表した。31日、経産省が発表したガソリン価格1リットル=144円90銭は、2年半ぶりの高値水準。灯油も19週連続の上昇だ。

 中東情勢が緊迫し、WTI原油先物価格が約3年ぶりの水準となる1バレル=66ドルまで上昇。値上げも仕方がないと思ってしまうが、足元の値上げは序章にすぎない。本格的な値上げは、忘れた頃に襲ってくる。

「今回の電気・ガスの値上げは、昨年秋の原油価格50ドル台後半を反映したものです。現在、原油は60ドルを突破し、70ドルに近づいています。それらは4月以降にキッチリ転嫁されていきます。さらに、フィルムや塗料などの原料は国産ナフサが基準になりますが、半年後に製品価格に転嫁されるでしょう」(石油業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る