原油高と極寒がジワジワ…値上げ“波状攻撃”は夏まで続く

公開日:

 値上げの波状攻撃だ――。電気・ガス大手は30日、燃料費の上昇を理由に3月1日からの値上げを発表した。31日、経産省が発表したガソリン価格1リットル=144円90銭は、2年半ぶりの高値水準。灯油も19週連続の上昇だ。

 中東情勢が緊迫し、WTI原油先物価格が約3年ぶりの水準となる1バレル=66ドルまで上昇。値上げも仕方がないと思ってしまうが、足元の値上げは序章にすぎない。本格的な値上げは、忘れた頃に襲ってくる。

「今回の電気・ガスの値上げは、昨年秋の原油価格50ドル台後半を反映したものです。現在、原油は60ドルを突破し、70ドルに近づいています。それらは4月以降にキッチリ転嫁されていきます。さらに、フィルムや塗料などの原料は国産ナフサが基準になりますが、半年後に製品価格に転嫁されるでしょう」(石油業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る