松本人志は“コーヒー原因説” みかん離れにこれだけの原因

公開日: 更新日:

 人間は腐ったみかんではない――この名言も消え去るのみか。

 冬の定番である「みかん」(温州みかん)が絶滅の危機に瀕している。ピーク時の1980年は1人当たり14.5キロ(Lサイズで約110個分)のみかんを購入していたが、現在は3分の1の水準に減少。1980年にはドラマ「3年B組金八先生」(第2シリーズ)で、「私たちはみかんをつくっているのではない。人間をつくっているのだ」というセリフが飛び出したくらい身近にあった。ところが、今やみかんの箱買いは珍しくなり、腐ったみかんを排除するという理屈も伝わらなくなっている。

 みかん離れは単身・若者世代ほど顕著。若い人がみかんを食べなくなった理由として、「皮をむくのが面倒」「手が汚れる」という声が多く、タレントの松本人志は「コーヒーを飲む機会が多くなったが、コーヒーとみかんは合わない」と日本人の食文化の変化に理由があると分析している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る