寒い地方で見かける「寒冷地仕様」の自動車は何が違う?

公開日:  更新日:

 先週の大雪で、愛車が埋まってしまった読者も多かったのではないか。都市部のマンションでは露天の駐車場が珍しくない。車をすっぽりと覆った雪との格闘は、さぞ骨が折れることだっただろう。

 最近は「冷えてエンジンがかからない」なんてことは聞かなくなった。発進前のアイドリングも必要ない。高度成長期の頃と比べれば、自動車の性能は格段に上がっている。それでも寒さが厳しい地方に行くと、「寒冷地仕様」のステッカーが貼られた車を見かけることが少なくない。

 これは一体、何が違うのか。

「日本列島は寒暖の差が大きく、冬は寒く夏が暑いのが特徴です。普通仕様の乗用車も、気温の変化に耐えられるように造っていますので、寒冷地仕様と大きく違うわけではありません」(トヨタ自動車広報部)

 たとえばプリウスの場合、寒冷地仕様との違いは3つほどになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る