寒い地方で見かける「寒冷地仕様」の自動車は何が違う?

公開日: 更新日:

 先週の大雪で、愛車が埋まってしまった読者も多かったのではないか。都市部のマンションでは露天の駐車場が珍しくない。車をすっぽりと覆った雪との格闘は、さぞ骨が折れることだっただろう。

 最近は「冷えてエンジンがかからない」なんてことは聞かなくなった。発進前のアイドリングも必要ない。高度成長期の頃と比べれば、自動車の性能は格段に上がっている。それでも寒さが厳しい地方に行くと、「寒冷地仕様」のステッカーが貼られた車を見かけることが少なくない。

 これは一体、何が違うのか。

「日本列島は寒暖の差が大きく、冬は寒く夏が暑いのが特徴です。普通仕様の乗用車も、気温の変化に耐えられるように造っていますので、寒冷地仕様と大きく違うわけではありません」(トヨタ自動車広報部)

 たとえばプリウスの場合、寒冷地仕様との違いは3つほどになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る